大屋旅館/広間棟

現在はあまり使用されていないが、美しい昭和初期建築。歪みが少なく状態がよい。

このページを共有する:

もっとも奥に位置する、一番新しい建築。全体的に昭和初期モダンのテイストが見られる。他サイトでは大正期竣工とされているが、女将の話通り昭和初期で間違いないのではないかと思う。間取りからして、少なくとも客室棟と浴室棟よりは後の竣工である。 一番新しいはずだがなぜか部屋番号は7〜10とされており、主屋からみて2つ目の新館が建った時点で番号が振られたのではないかと思う。天井が高く格式の高い広間棟を、主屋の次に振ったのは納得がいく。

七番(2021/8 吉宮)八番(2021/8 吉宮)
九番(2021/8 吉宮)十番(2021/8 吉宮)
入り口部分(2021/8 吉宮)便所(2021/8 吉宮)庭縁側(2021/8 吉宮)

広告


この記事のタグ
#
木造 (27)
#
和風 (17)
#
原型に近い (15)
#
昭和 (7)
#
平屋建て (6)
#
千葉県 (5)
#
大屋旅館 (4)