黒湯温泉

黒湯温泉は、秋田県中東部の県境近くにある「乳頭温泉郷(にゅうとうおんせんきょう)」のなかで最も奥地に位置する温泉宿です。まさに秘湯といえる立地にあり、三方を山に囲まれています。…

このページを共有する:

黒湯温泉は、秋田県中東部の県境近くにある「乳頭温泉郷(にゅうとうおんせんきょう)」のなかで最も奥地に位置する温泉宿です。まさに秘湯といえる立地にあり、三方を山に囲まれています。雪深い土地なので、一年のうち7か月しか営業していません。 旅館部と自炊部があり、そのほとんどの建物が古くからあるものだといいます。自炊部の建物は現在2棟あり、片方は囲炉裏付きの茅葺き棟! そのほか2棟の茅葺きが建っていますが、全国でも茅葺きのまま古くから使われている旅館建築は非常に珍しいものです。 昔はもう一つ茅葺の建物があったのですが、そこに温泉の湧く場所が移動してきて撤去されたようです。 自然に従順なつつましい茅葺きの自炊棟は、他では見られない濃い風情を残しており、とても貴重なものです。

広告


この記事のタグ
#
木造 (27)
#
2階建て (18)
#
温泉 (18)
#
和風 (17)
#
原型に近い (15)
#
明治 (12)
#
大正 (8)
#
平屋建て (6)
#
DEEP度★★★☆☆ (5)
#
一軒宿 (4)
#
茅葺き (3)