ふけの湯

「ふけの湯」は、ワイルドな野天風呂を目当てに訪れる人が多く、日本秘湯を守る会にも加盟しています。しかしこの旅館は意外な来歴を持ち、実は建築的にも面白い宿だったのです。…

このページを共有する:

八幡平の周辺には、数々の温泉が湧いています。 その中で最も長い歴史を持つ「ふけの湯」は、ワイルドな野天風呂を目当てに訪れる人が多く、日本秘湯を守る会にも加盟しています。確かに秘湯と言える最奥の地にありますが、八幡平アスピーテラインから近く、アクセスは良好。 ホテルから少し降りた川の対岸に数種の野天風呂があり、この解放感は抜群です。雨の日は泉温が冷たいこともありますが、それでも入ってしまう。湯舟や足元は整備されているのに一切屋根がないというのは、最高です。この他もちろん内湯と屋根付きの露天風呂があり、3種類の源泉を楽しむことができます。

現在はまさに温泉旅館ですが、建物は昭和初期に洋風のホテルとして建設されたものだそう。 そう思って館内をくまなく探すと、たしかに洋風だった名残が見られます。 ホテルだった旅館建築というのは、滅多にありません。 ふけの湯は、実は建築的にも面白い宿だったのです。

広告


この記事のタグ
#
木造 (27)
#
2階建て (18)
#
温泉 (18)
#
和風 (17)
#
昭和 (7)
#
DEEP度★★★☆☆ (5)
#
元ホテル (1)